伊丹市立笹原小学校ホームページ

 

カウンタ

訪問者数164238
(平成26年4月1日から)

お知らせ

ようこそ
笹原小学校ホームページへ

               正面玄関前

         ~お知らせ(至急)~
本日7月24日午後より、水泳教室及び自由プールを中止とすることとなりました。ついては、水泳教室は明日から、自由プールは本日午後から中止となります。
 

日誌:新着情報

 

校長日記

校長日記
12345
2018/07/23

自由プール始まる

| by 校長
本日から、「水泳教室」と同時に保護者のご協力による「自由プール」が始まりました。暑い日が続くため、子どもたちの負担が少ないような環境を保持しながら、気温等に注意して実施しています。
本校では、大プールと小プールの間に屋根があるため、その日陰の活用に加えて、簡易テントをプールサイドに9基設置して、水から上がった子どもたちが日陰で休めるようにしています。またプールサイドにはいつでも水分補給ができるように水筒を持ってきています。監視員の方々にもテントの下で監視いただけるようにしながら、今後も毎日様子を確かめつつ、実施について時間の短縮や中止などについても検討してまいります。万一中止と判断した場合は、メールやホームページ、また門等の掲示によりお知らせいたします。
 
 

20:15
12345

日誌

学校の様子
12345
2018/07/17

サマンサ先生と遊ぼう!

| by 1年生



6月末の人権同和参観では、1年生は世界の国々の挨拶や
文化を学び、ゲームをして楽しみました。
その学習をいかして、先週、実際にALTのサマンサ先生と遊ぶことができました。

はじめにサマンサ先生の自己紹介を聞き、
好きな食べ物や好きな動物をの言い方を学びました。



その後、参観の時にも練習した
「サイモンセイズ(船長さんの命令)」をみんなで行いました。
「ジャンプ」や「ウォーク」など英語での命令をしっかり聞いていました。



その後は、サマンサ先生に外国の遊びを教えてもらいました。





みんなで一緒になって体育館を走り回り、楽しむことができました。

この学習が終わった後も、「サマンサ先生とまた遊びたい!」と
名残惜しそうな児童がたくさんいました。
休み時間などを利用して、サマンサ先生と遊ぶ時間をとりたいと思います。
18:08 | 1年生
2018/07/14

2年生 町の先生

| by 6年生
伊丹市に住むキルスンさんに、韓国の文化を教えてもらいました。

日本語と同じ言い方と意味の言葉がたくさんあって驚きました。また韓国の学校は日本と違うところがたくさんありました。

先日の参観の学習と合わせて、世界のいろいろな文化にふれることができました


15:50 | 2年生
2018/07/12

6年 大水泳大会

| by 6年生

お天気のよかった火曜日、大水泳大会に臨んだ6年生。

競技は、リレー、騎馬戦、ボール運び。
リレーと騎馬戦は、1位になれば20点、2位で15点、3位で10点、4位で5点を獲得できます。
最終種目のボール運びは、1位になれば40点、2位で30点、3位で20点、4位で10点と大逆転可能な点数設定に。

リレーも騎馬戦も、競技参加者だけでなく、応援側も白熱。
大声援を受け、勝負に挑みました。
  

ボール運びは、全員参加。
優勝目指して、最後の勝負。
 

果たして、結果は?
①リレーA・・・1位1組、2位4組、3位2組、4位3組
②リレーB・・・1位1組、2位2組、3位4組、4位3組
③騎馬戦男子・・・1位1組、2位4組、3位3組、4位2組
④騎馬戦女子・・・1位1組、2位2組、3位4組、4位3組
⑤ボール運び・・・1位1組、2位2組、3位4組、4位3組
獲得点数・・・1組120点、2組75点、3組35点、4組70点
以上により、優勝は大差をつけて1組、という結果でした。

次のクラス対抗は、体育大会のリレー。
どのクラスも学習に励み、白熱した勝負をみせてほしいものです。
17:37
2018/07/07

5年 スポーツテスト

| by 5年生
先日、伊丹市の教育委員会の方に来ていただき、5年生各クラスでスポーツテストのシャトルランを行いました。
さて、自分で立てた目標は達成できたのでしょうか。
懸命に走る姿、そして最後まで走る友達を応援する姿が印象的でした。

  
11:14
2018/07/04

6年 スマホ携帯教室

| by 6年生
学校で、スマホ・携帯についてのアンケートを実施しました。
その結果、6年生はどの子も、インターネットにつながる機器(携帯やスマホ、パソコン、タブレット、DSなど)を少なくても一つは持っている、という現状が見えてきました。

インターネット犯罪に巻きこまれず、情報化社会を生きていくためには、小学生のころから正しい知識を持つことが大切です。
そのため、兵庫県警察サイバー犯罪防犯センターの方を講師にお招きし、『スマホ携帯教室』を実施しています。

「ラインをしている人?」「ユーチューブを見たことがある人?」
という問いに、たくさんの手が挙がりました。
 

その後、たくさんお話をしてくださいましたが、印象的だった数字は5年と79%と70%。
SNSにアップしてしまった写真や文章は、5年たっても残っている、全てを消去することは不可能、とのこと。
さらに、そうして残ったものを就職試験担当者がチェックする割合が79%で、チェックしたものが原因で不採用とした割合が70%と言われていました。

また、写真をアップするときは要注意。
位置情報が設定されたまま撮った写真をアップしてしまうと、どこで撮ったのか緯度経度から検索できてしまうそうです。
名前や住所など自分を特定される情報は流れないように注意していても、アップした写真から漏れてしまう場合がある、とのこと。
知らない間に、友達の情報を流してしまう場合もあるそうです。

『自分の情報も、友達の情報も大切にしよう』
今回の「教室」で、子どもたちがそう実感できていれば、と思います。

学校で実施したアンケートを見ると、保護者の方と情報機器を使うときのルールを決めている、と答えている子が多く、安心しています。
今回の「教室」を機会に、使い方の確認などをしていただけると、さらに安心です。
子どもたちを守るために。
17:02
12345